わくわくエンジニアの卵【早稲田大学 成在協】

~数々のイベント運営や主催を手掛けている成さん。「みんなが生きてて楽しい世界をつくる」をミッションに、現在は、エンジニアとして、活動中。ワクワクをテーマに、生きる楽しさや、失敗から学ぶ重要性についてお話していただきました。~

活発だった少年時代

小学校は常に動き回っている子でしたね。
校門を登って、落ちて保健室行って怒られたり(笑)。

先生からは暴れすぎって言われてましたね。

活発ということもあり、友達みんなと仲が良く、先生からの信頼もあったので、学級だよりとかは任せられていました。

公文に通っていたことがきっかけで、勉強が好きになって。
「本格的な塾に行きたい」と親にお願いしました(笑)。

中学受験を受けたのですが、合格したのはで滑り止めの一校。

めちゃめちゃ悔しくて、ここでは、1番になってやろう。と頑張りましたね。

しかし、結果は4位。高校では10番圏内とか。

1位にはなれませんでしたが、定期試験の成績は良かったので大学は指定校推薦で早稲田に進みました。

みんなのことをもっと考えてみよう

中学2年生のとき、学級委員をやってくれと先生に頼まれたことがあり、当時可愛いと噂されてた女の子が女子の学級委員をやっていたので、下心で引き受けました(笑)。

ですので、学級委員に関しては、能動的ではありませんでしたね。

3年生では、学級委員を他の人がやっていたのですが、「あいつなにやってんだよ。」みたいな、学級委員に向けての批判の声なども聞きました。

そんなこともあり、客観的に学級委員を見れたことで、「みんなのことをもっと考えてやろう。」と思い、高校は能動的に学級委員になっていろいろな企画したりしましたね。

その甲斐あってか、学級委員長にもなりました。

きっかけや気づきを与える環境づくりを

大学では、バイトとサークル、授業で明け暮れた日々でしたね。

最初は楽しかったのですが、刺激のない日々に物足りなくなってきました。

「なんのために大学入ったんだろう。」

そんな中、友達の誘いで、イベントや経営スクールに行って、目的に向かって走る人たちに出会い、「俺もそうなりたい!」と思い行動するようになりました。

経営やセールス、マーケティングを学ぶことを通じて、やりたいことが見えてきて、イベントに行ったり、イベントを主催したりと刺激的な日々になってきましたね(笑)。

イベント主催では、周りの人に、きっかけや気づきを与えられる環境をつくるのが楽しいです。僕自身、そういった環境づくりが好きなんだと思います。

そのうち、人と人がつながるサービスやアプリ、CtoCサービスをつくりたいと思っています。

人を雇ってつくることも選択肢の1つなのですが、自分でつくりたい。

多くの人のアイデア💡を形にできる、そんなわくわくするとはないな。そう思いました。

世界に”ワクワク”を届ける

そのために、アプリ開発世界一を取ったこともある優秀なエンジニアの方に弟子入りしました!!

実力をつけて、最終的には世界にわくわくする環境作りをする機会を増やしたい。

国によって、環境や価値観が全然違うので、それが面白いし、新しいものに出会いたい。

なので、これからはエンジニアとしての自分の力を高めていきたいですね。

今はそういう段階だと思っています。

失敗も経験するからこそ、成長する

周りになにか行動している人がいて、その人に対して「あいつなにやってんの」みたいな言葉を発する人がいますけど、本当にそれが正解なのか考えてほしいですね。

人は現状維持したい生き物です。

しかし、そこに成長はないと思っています。

行動することに失敗はない。失敗も経験するからこそ、プラスになる。

行動できない人は自分で正解を決めがちな人だと思います。
もっと外の人や環境に触れていくべき。

結局、どれだけ動けるかが勝負ですね。

行動していると、目的が曖昧になってくることがあります。

そんな時は、信頼できる人に相談するなり、人に頼っていい。

人は1人じゃ何もできない。人は弱いので。気軽に頼るべきだと思います。

まずは、新しい環境に飛び込むことの重要さを伝えていきたいですね。
安定=停滞です。このことをもっと多くの方に気づいてもらいたい。

僕自身も、そういった環境づくりをしていきたいと思います。

それが僕のやりたいことにもつながってくるので。

生きる楽しさを実感してほしい

僕の人生のミッションが「みんなが生きてて楽しい世界をつくる」なのですが、これは実体験から生まれました。

二年前、両親が喧嘩し、家庭内での問題が起きたのですが。
その喧嘩は、自分のことが原因でした。

「僕はなぜ生まれてきたのだろう」

「自分が生まれてきた意味ってなんだろう?」

と考えることも多かったです。

病んだりもしました。 いろいろ感じることがありましたね。

でも、環境が変わったことで、今は人生が楽しいなと思えるようになりました。

生まれてきたからこそ、人と出会える経験を実感しています。

僕が生まれてきた意味を両親にも感じてもらえるように、もっと成長していきたいですね。

だからこそ、みんなに生きてる楽しさを実感してほしい。

強い組織から学ぶ

自分のできることを増やして周りに良い影響を与えていけるようにしていきたいですね。

まずは修行ですね。

そのあとは実践。メルカリやエアビー(Airbnb)などのCtoCに強い組織の中でインターンなどに挑戦し、良い組織の中の動き方やなぜこの会社はうまくいったのかを肌感覚で学びたいと思っています。

最終的には独立し、みんなにとって自分にとってわくわくする世界をつくっていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。