上杉 由香里【ミスサークル2019 NO.242】

上杉 由香里さん 中央大学法学部

4年生

フラッシュモブサークル

現在のミスサークルに加えて、大学在学中に有田みかん大使やキャンパスコレクションというファッションショーなどたくさんのことに挑戦されている、その理由はなんですか?

1つは好奇心、新しいことを知ることは大きな喜びです。

単純にワクワクします。

もう1つは自分をもっと好きになりたいからです。

プラスアルファの自分になりたいというのももちろんですが、自分のネガティブ要素を無くしたいというのも大きな理由です。

自信のない自分、周りと比べてしまう自分を少しでも変えたくて、、、

1番は、ネガティブ要素をなくしたいということですね。

プラスαの自分になりたいという想いももちろんあるんですけど、嫌な自分、自信のない自分を少しでも克服したくて挑戦しました。

マイナスから0にしたいという想いで始めましたね。ずっと自信がないタイプだったので。

自信が無いからこそ、成長していきたい。と思えます。

ネガティブ要素をプラスに考えられることは素晴らしいことですね。

少しでも自分のことを好きになりたいと思っています!

あとは、今まで「私といえば〇〇」がなかったんです。

小中高と部活を頑張っできたのですが、全て違う部活だったので。

習い事もたくさんしてましたが、突き詰めたものがありませんでした。

コンプレックスまではいきませんが、「私の得意なものって何だろう」と悩んでいた時もありましたね。

だからこそ、”経験”を武器にしようと思ってたくさんのことに挑戦することにしました。

色んな経験を通じて、自分が豊かになったり、視野が広がればいいなと思い行動しています。

視野を広げて常に新しい世界を見ていたいです!どんな所に自分の可能性が落ちてるかわからないですからね!(笑)。

食わず嫌いせずに色々挑戦してみたいです。

そこで、「この1年間何したかな?」と振り返った時に意外と年初めに書いたことが達成出来ていたりするんですよね。

私でいうと、将来的にアパレルブランドを立ち上げたいという大きいものからヒッチハイクしてみたい、イルカと一緒に泳いでみたいとかもありますね(笑)。

勉強面で言えば、心理学を勉強したいです。いろんな資格もとりたいです。

好奇心がありふれてますね!(笑)。

本当に「後悔したくない」という想いが1番強いですね。

失敗でも何でもいいから、”歩み”だったり、”学び”だったりを止めたくないなと思っています。

やらない後悔はしたくない。

自分で自分の可能性を潰したくないんです。

どんどん失敗して、成長していきたいです!

どこかのお医者さんの言葉で、「人生の後悔は、7割がやってみたかったことをやらなかったこと」というのを聞いて。。

行動のハードルを下げること、一歩目をいかに小さくするかが大切だと思います。

そういう色んな経験をさせてくれる親だったので、「視野を広げる楽しさ」を知れたんだと思います。

なので、とても感謝しています。

挑戦をしていく中で困難なこともあったりするんですか?

いつも困難ですね(笑)。

思ってたより自分ができなかったり、頑張れなかったり。

そんな自分が悔しくて情けなくて(笑)。挫折することばっかりですね。

それの対策として、やることを画用紙に書いて壁に貼って、やったらチェックできるようにしています。to do リストのようなものですね。

ハードルを下げるために、ランニングも「毎日1時間する」ではなく、「毎日5秒だけでも走る。できたら○をつける。」というようにしています。

「ハードルを低くすること」と「成果を可視化すること」がポイントなのですね。

そうですね。

5秒なら、走れるじゃないですか!

でも、いざ走ってみたら、5秒で終わらず10秒、20秒と走れるじゃないですか!

はじめの一歩を以下に小さくするかがポイントですね。

でも、可視化することで頑張ろうと思えるようにはなりましたね。

あとは、とにかく考えてること、思っている事をたくさん書く。

文字にすることで自分の気持ちを整理できます。

私の場合は、次なる挑戦の1歩としてミスサークルに出場をきめました。

挑戦という言葉自体に、少しハードルがある気がするのですが、「挑戦」ってなんでもいいと思うんです。

初めて海外に行くのも挑戦。

早起きを日課にするのだって挑戦。 一人旅をしてみるのだって、セミナーに参加してみるのだって、初めてや、続けることは、なんだって挑戦だと思うんです。

その積み重ねで、何かをやってみることで、大きなことにも挑戦したいって、思えてきたりすると思うんです。

今後、挑戦していきたいことはありますか?

私の目標は「多くの人が、それぞれ自分自身のことをもっと好きになれるような環境つくる。サポートをする」ということなので、 この目標を達成できるように、固定観念を捨てていろんな角度から努力していきたいです。

特に20代のうちは、どんどん視野を広げて、可能性を広げていきたいです。

長い人生でいうと、将来アパレルブランドを立ち上げようと思っているので、就職を決めた会社で、そこに繋がるスキルを身につけていきたいと思っています。

あとは、死ぬまでやりたいことが細々あるのでそれを達成していきたいと思います(笑)。

常に自分をアップデートさせつづけて、ワクワクしていたいですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。