小杉 倫瑞季【ミス慶應SFC NO.1】

小杉 倫瑞季 さん  慶応義塾大学SFC2年生

ミス慶應SFC NO.1

小杉さんはこれまでにも、色んな活動をされてますよね。

大学に入って最初に勉強以外のことで取り組んだのは、去年参加していたFRESH CAMPUS CONTESTという全国の大学1年生を対象にしたミスコンです。

それもあって、外に出る、つまり 小杉倫瑞季 という自分の名前から発信していくことへの抵抗が少なくなったと言うか…怖くなくなったのはありますね。

2019年の年明けにオーディションを受けて以後、文化放送×Voicy学生パーソナリティとして「意識高い系女子大生なう」と言うチャンネルを放送しています。

また今年の夏は東京湾納涼船キャンパスDJとしても活動していて、日々伝えることの難しさを感じながらも楽しい時間を提供できるよう努力しています。

文化放送×Voicy学生パーソナリティ

東京湾納涼船キャンパスDJ

今では放送開始から100回を超えました!最初に比べたらやはり上手くなっているのかなと。

その中で、同じ時間人に話すなら、人に声を届けるなら、滑舌が良い方がいいし、つまらない話よりは面白い話のほうがいいじゃないですか?(笑)。

そういう風に思った結果、どうやったら聴きやすくなるのか、面白いと感じてもらえるのかを毎回自分の放送を聞き直し、反省しながら、次に生かしていくということをしています。

すごい…。日々、自分をアップデートしているのですね。

ラジオを聴いてくれた方からのコメントなども参考にしながらやっていますね。

それを続けている結果もあって、番組に呼んでいただいたり、その先で話題が広がったり。

そういった嬉しい連鎖を生んでいけたらいいなと思っています。

人間って、ある程度努力しようとした時、

「あと1ヶ月でここまでもって行こう!」いう状況の時に、それ相応の成果かそれともその期待値を超えるものをつくるかで全然違うなと思うんです。何をやるにしても自分の実力を出すのはもちろん、それにプラスαを付け加えたいというのはありますね。

なるほど。昔からそういった考えは持っていたのですか?

色々やる中でそう思うようになりました。

限られた時間の中で何をやって何をやらないのか、その選択をした上で時間を使うことに対してはある程度シビアに考えないといけないとは思っています。

将来の夢に関してもその考えを意識していて…

小中高生の時「将来の夢は何ですか?」ってよく言われたじゃないですか?

めちゃめちゃ言われました(笑)。

その中で、毎回適当な答えをしていたのですが、10歳ぐらいの頃から「この世界って固有名詞の職業だけで動いてるわけないな」ってずっと違和感を感じていました。

警察官だったり、医者だったり。

小学生はそれしか知らないことが多々あっても、それだけじゃないなとは思っていました。

今、ない職業が存在する時代がやってきて、その人たちのおかげで社会が変わったりすると思うんですよ。

そうなってくると、将来の夢を決めなくても自分で楽しく生きていけるんだったらいいのかなっていう考えはありましたね。

夢を決めて、そこに一直線で走ることができるのは素晴らしいと思います。

ただそれがないのは悪いことじゃない。

夢がない場合=停滞してる のではなく、面白いこと常に探して実際にやってみたら楽しいな〜と思って、継続して、のサイクルを様々なフィールドで繰り返している感じですね。

最近は、選択肢が多すぎて「やりたいことが分からない」という大学生が増えてる気がします。

無理やり見つけることでもないと思っています。

楽しくないよりは、楽しいほうが良いかもしれないですけど。

私も、「何がやりたいの?」と聞かれたら分からないというのが正直な答えですが、今やっていることを続けていくっていうのが大事だと思います。

何事も継続は大事ですね。

私は6歳からフィギュアスケートを14年間継続していて。

でも、だいたいみんな途中でやめちゃうんですよね。

その中で、続けていくとそれも何かになる。

大会で優勝することが全てではなくて、続けたことが何かになる。自分の中でも周りから見ても、それなりのちゃんとしたものになる。

だから、今やっていることを続けていくということが大事だと思います。

スケートに関しては継続できているのは両親やコーチ、環境に感謝しています。

中学時代は、私もやりたいことは何もなくて。

と言うよりそんなこと考えていませんでした。

校則が厳しい学校にいたので、その中で世界が完結していました。

それと同じで、大学生でも、その先の年齢でも、自分の周りや近いコミュニティで生活していると狭い世界で「自分」が完結しちゃってるんですよね。

だからこそ、何かを見つけたいと思うなら自分から他の環境に飛び込んだりチャレンジする環境を見つける必要があると思っています。

広い視野で物事を見ることは必要ですね。

はい、そう思います。

様々な視座から思考することが大切だと考えています。

ミスコンでの活動も大変なこともありますが、チャレンジしたからこそ感じられるものや、得ることができるものがあると思います。

現在、特に頑張っていることがあれば教えてください!

日々生きていくのを頑張っていますね(笑)。

体調管理も頑張っています。

毎日やっていないとできなくなるものってあると思っていて、滑舌の練習も放送もその一つで。

1週間何もせずに、同じことをやろうとするとできないので。

自分の番組や今いただいているお仕事での放送から、他の活動もさせていただいたりしていて…

そのようなところで出すアウトプットで、また来てもらいたいと思ってもらえるくらいの最低限の努力はする必要があると考えています。

これからの目標はありますか?

将来の夢として一つ決まっているわけではないので今やっていることを取捨選択しつつなんでも頑張っていきたいです。

その積み重ねで思い描いていなかったことにチャレンジできるのは面白いなって思います。

中高生の時は、1年後の姿もだいたいわかっていたので。

部活引退かな。そろそろ受験だな。みたいな(笑)。

大学に入って、それが変わりました。

時間の過ごし方を自分で決めることができるのは私にとってはいいことですね。

1ヶ月後何を考えているのか分からないと思って普段から生きているのですが、1年前も振り返って見ると想像もつかないことをやっていますし、考えてもいなかったところにこんなに進むんだなと思います。

だからこそ、「今、やっていること」に全力で向き合って常にかっこよくいたいです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。