• Your Root Study
  • Your Rootから有益な情報を発信しています!

疲れたら〇〇するべき?

マッサージよりも良い方法がある?

仕事や学校での、人間関係による疲れは誰でも一度は経験したことがあるでしょう。

そんな疲れを感じたときに、効果的な行動があります。

結論からいうと、”自然と触れあうこと”です。

自然の効果を示すデータで有名なのは、2016年にダービー大学が行ったメタ分析です。

研究チームは「自然との触れあいはどれだけ体に良いのか?」を調べるために、過去のデータから871人分をまとめて大きな答えを出しました。

それは、「自然との触れあいにより、確実に人体の副交感神経は活性化する」というものです。

副交感神経は気持ちが穏やかなときに働き出す自律神経で、日中にたまった疲れやダメージを回復させる働きを持っています。

つまり、自然は人体の疲労を回復する働きを持っているのです。

自然の癒やし効果は数値として証明されている

先ほど紹介した研究のデータで、「d=0.71」という効果量も出ています。

効果量は統計手法のひとつで、論文の中では平均値の差を標準化したものを表しますが、ここでは大ざっぱに「自然の癒やし効果」を表した数字だと考えていただければ良いと思います。

一般的に効果量が0.5を超えると「効果大」と判断されるため、「0.71」はかなりの好成績です。

例えば、自律訓練やマッサージのような定番のリラクゼーション法は、副交感神経の活性レベルが「0.57」だと報告されており、自然との触れあいの数値を下回っています。

単純な比較は危険ですが、自然との触れあいに体のダメージを癒やす効果があるのは確実でしょう。

感情システムにも影響を与えている

自然がここまで効果を持つのは、人類の「感情システム」に影響を与えるからです。

「感情システム」は人間の心の働きを3種類に分類した考え方で、次のパーツから構成されています。

☆興奮・・・「喜び」や「快楽」といったポジティブな感情をつくり、獲物や食事を探すためのモチベーションを生み出すシステム。主にドーパミンで制御されている。

☆満足・・・「安らぎ」や「親切心」といったポジティブな環境をつくり、同じ種族とのコミュニケーションに役立つシステム。オキシトシンなどで制御されている。

☆脅威・・・「不安」や「警戒」といったネガティブな感情をつくり、外的や危険から身を守るためのシステム。アドレナリンやコルチゾールなどで制御されている。

最高のパフォーマンスを発揮するためには

私たちが最高のパフォーマンスを発揮するためには、3つのシステムがバランス良く機能していなければいけません。

快楽ばかりを追う人生は退廃に至り、安らぎだけの毎日には前進はなく、不安ばかりの暮らしは日々をよどませます。

それぞれがしっかり噛み合ってこそ、人間はうまく機能できるのです。

自然の環境は、3つの感情システムをバランス良く刺激します。

季節のうつろいや草木の変化がほどよい興奮を生み、緑に守られる安心感が心地よい安らぎを生み、森や川に潜む未知の脅威がときに警戒を生みます。

精神的、身体的に疲れている方は是非自然と触れあってみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。