• Your Root Study
  • Your Rootから有益な情報を発信しています!

筋トレによってメンタルヘルスは向上する

精神面の健康、つまりメンタルヘルスが不調をきたすと、焦燥感や不安感に襲われたり、自己肯定感が低下したりといった症状が現れます。

深刻な精神疾患の場合外でも、こうした症状が重なって、メンタル的にかなりダメージを受けてしまうことがあります。

個々の焦燥感や不安感の元となるストレッサーを取り除くことができば良いのですが、それは簡単なことではありません。

ただ、筋力トレーニングには、メンタルヘルスを向上させる働きがあることが、多くの科学的研究によって証明されているのです。

多くの研究で好影響が証明されている

筋トレはメンタルヘルスに悪影響を与える可能性が高い、

  • 焦燥感
  • 不安感
  • 慢性疼痛
  • 認知機能
  • 睡眠の質の低下
  • 自尊心の低下

などについてポジティブに働くという研究結果が出ているのです。

2010年に米国のO’Connorが発表した総説論文によると、多くの研究で「筋トレをすることによって、寝不足や不健康から誘発される焦燥感が改善される可能性がある」とされています。

筋トレをすることによって、寝不足や健康の不安が解消されるため、結果として焦燥感を減らすことにつながるのです。

不安感、慢性疼痛についても、多くの研究で効果が証明されています。

そして、心理学的に「自己に対する肯定的な態度」と定義されることの多い「自尊心」についても筋トレはすごい効果を発揮します。

スポーツ科学や心理学の分野における113本の論文で、

「筋トレは自尊心を保つ、もしくは高めること」が報告されているのです。

このように筋トレは、生活の質や健康に大きな好影響を与えてくれます。

筋トレの効果はまだまだあるので、筋トレ特集みたいなのも考えております(笑)。

僕も、そろそろジムに行こう。。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。