納得のいく就活を!~良い人生を送るための就活論~【早稲田大学 武原 悠真】

~将来の独立のため、見事自分の望む環境であるコンサルティング会社から内定を獲得した武原さん。順風満帆な就職活動に見えますが、当初は悩みに悩み、自問自答を繰り返したそうです。人生の大きなターニングポイントである”就活”。就活中の人や、これからの就活をむかえる人に向けて、就活においての考え方や大切なことについてお話していただきました。~

「就活のはじまり」

就活を意識し始めたのは大学3年生の春ごろです。
サークルを引退し時間がある中、外資系投資銀行を目指していた友人から刺激を受けたことがきっかけです。

まあよくある、「他の人が何かしているから、何かしないと」ってやつです(笑)。その頃から自分の将来のことを本気で考えるようになりました。

「ビジネススクールとの出会い」

初めは、就活や社会人の「し」の字もわからない状態だったので、キャリアセンターに行って片っ端から本を読んだり、紹介を通じていろんな大人に会ったりしました。

目的もなくインターンに行ったりもしましたね(笑)。

そんな中、ある民間のビジネススクールに出会うことになります。そこでの数々の出会いが、僕の人生の価値観を大きく変えることになります。

「メーカーに行きたい!」

ビジネススクールでは、多くのことを学びました。本題でないのでここでは割愛しますが・・・(笑)。

その中で、当時の僕の就活観に大きく作用したのは、某化粧品メーカー元副社長様による、マーケティングの授業でした。

そこで有体物のマーケティングの面白さ・奥深さに魅了され、大手メーカーを目指すことになります。

「本当に行きたいの??」

メーカーの内定獲得に向けて、インターンや選考を進めていく中で、自分の中で違和感が湧いてくるのがわかりました。

それは、「自分の進む道は、本当にメーカーなのか?」ということです。

この頃から、周りの起業家たちや、起業イベントなどに足を運ぶことで、自分自身も会社経営をしてみたいという思いが強くなっていました。

そういった中、メーカーでは、やれることが技術力に依存している点や、マーケの仕事ができるまでに長い年月を要することから、メーカーへの道から転向することに決めました。

「心機一転!生きる目的を策定せよ」

振り出しに戻った時、今一度自分の人生の目的・意味、何があれば自分は幸せなのか、を紙にアウトプットしながら・人にアウトプットしながら何日も考え続けましたね。

考えに考え抜いた結果、以下のような結論が出ました。

人生の目的:笑って死ねる人生を送る
(一度きりの人生、僕自身、最期を迎える時期に「悔いのない人生だった」と思える人生を送りたいです。)

↑(その達成のためには)
人生における幸せの総量を増やす

↑(では僕にとっての幸せとは?)

①金銭的に裕福で、したい時にしたいことができる状態
僕自身、母子家庭であまり裕福ではなかったため、お金のことで悩むことは正直多かったです。
だからこそ、金銭が重要なことは身にしみて感じていますし、母を楽にさせたい思いもあります。

②熱中している状態
好きなものに熱中している時間が大好きです。
具体的として、趣味で言えば漫画や好きな動画をみている時、仕事(?)で言えばサークルでの重要な任務をしている時など、一心不乱に何かをしている状態を楽しいと感じますし、とても好きです。

③他者に貢献することで、承認されている状態
僕にとって、仲間と協働して何かを成し遂げることに幸せを感じます。
コミュニティの中で他者貢献することは、この上なく自分の価値を実感でき、幸せを感じるのです。

↑(幸せの実現のための手段は?)
以前から興味のある、「起業」をして、日本を元気にしたい。
   

このようなロジックを立てて、自分の人生の価値観を明確にしました。

しかし、「闇雲に起業しても失敗する」、そう感じていたので、新卒キャリアとしては、起業のための糧になる職種を選びたいと考えるようになりました。

私の中にある選択肢の中で一番近いのは、経営に携わることのできる「経営コンサルタント」が一番良いのでは?と思い、今一度コンサル業界を中心に就活をスタートさせました。

「Relic社長との出会い」

大手コンサルティングファームから、中小ファームまで、あらゆるコンサル会社を受けました。

しかし、なんとなーくどこの会社も、自分の中でパッとしなかったんですね。なんでかはわかりません(笑)。

そんな中、ある媒体を通した食事会で、現在の内定先の社長にお会いしたのですが、なんでも「新規事業に特化したコンサルティングサービスをやっているらしい・・・事業を創るって、まさに起業に通じることがあるから、めっちゃいいんじゃない!?」と思いました。

社員さんも、僭越ながらとても優秀な方ばかりで、自分の望む環境でした。

「この会社に就職しよう!」と決め、選考では初期からマッチングも感じることができ、実際に内定をいただきました。
(Relic:https://relic.co.jp

「就活で大事だと思うこと」

僕の話はここらへんにしておいて、次に僕が就活で大事だと思うことを伝えます。

それは、やはり今一度、”どんな人生を送りたいのか”、”自分にとって何が幸せなのか”を考え抜くことです。

人が幸せに感じることなんて千差万別です。人と比べることに意味はありません。
「自分」だけにフォーカスして、自分の人生の目的のために仕事を手段として考えた方がいいと思います。

「目的なんてねえ!」って人もいますが、別に無理に作らなくてもいいと思います。

しかし、探す努力はした方がいいというのが僕の考えです。

あくまで”いい人生”にするために、なんらかの形で入社後などに見つけていく必要があるでしょう。

「就活で大事な心得」

選考は、「合否」ではないということです。
あくまで選考は、マッチングの確認の場でしかありません。
つまり、適性があるかないかってことです。

下の図をご覧ください。

上は最初僕が行っていた就活の仕方です。企業が学生に求めることに合わせ、自分を偽って伝えている節がありました。

一方、下は自分の人生の目的を策定した後の就活の仕方です。

自分の軸がしっかりしているから、学生の方から、「この企業は自分の軸と合致しているかな?」と考えられるようになります。まさに、学生が企業を選考している気分ですね(笑)。

この思考のもとでは、別に選考に通らなかったからといって、別に落ち込む必要はありません。

もちろん、選考通過のための努力は必要です(例えば、ケース面接の練習や小論文対策など)。

しかし、努力した上で通過しなかったのであれば、それはむしろ「逆にあざす!」って感じです。

なぜなら、あっち(企業)が、「君はうちに合わないから、来ない方がいいよ」と言ってくれており、適性がないことを教えてくれているからです。

マッチングしていない企業に入ったところで、生き生きとした社会人生活は送れないと思いませんか?

「就活生に伝えたいメッセージ」

言いたいことは、就活している人のフェーズによって違います。

就活を意識したての人→目的なくてもいいから、”まず行動”。

右も左もわからない段階、つまり選択肢がない状況で目的を持つのは不可能です。
まずはなんでもいいので、行動を起こすことが大事です。
例えば、就活マッチングアプリを使って社会人とご飯に行ったり(奢ってくれるかも?笑)、Facebookに流れるイベントに行ったりと、やることは無限にあります。

行動する中で、自分のしたいことを見つけて行って欲しいです。

就活が始まった段階の人→とにかくどこでもいいから、”内定を1社”とる。

当たり前ですが、内定を持っている人と持っていない人では、精神面の安定性が違います。
僕はさっき偉そうに人生の目的を語っていましたが、あれは某企業の内定を取った後に考えました。

内定が1社取れると、「内定取れなかったらどうしよう」などという焦りがなくなるので、もっと本質的なところに焦点を当てて考えられるようになります。

申し訳なさもあると思いますが、後で断ってもいいので、とりあえずゴリ押しで内定1社獲得を目指しましょう。

その成功体験は、必ず自分に自信を与えてくれます。

「最後にこの記事を読んでいる就活生へ」

稚拙なインタビューを読んでいただきありがとうございます。
ここまで偉そうに語ってしまいました(笑)。

就活する中で、いろいろと悩みましたし、今では納得いく答えが出たことに自信を持っています。
これを読んでいるみなさんにも、ぜひ自分が納得のいく就活をして欲しいです。

玉谷くんに連絡してもらえれば、いつでも就活相談などのりますので、ぜひ機会あれば一度お会いしましょう!(笑)。

武原悠真さん 早稲田大学 4年生

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。