• Your Root Study
  • Your Rootから有益な情報を発信しています!

終身雇用は守れない

終身雇用の時代は終わる

「企業は従業員を一生雇い続ける保証書を持っているわけではない」と、経団連の中西会長が発言したことで大きな話題になりましたね。

多くの企業が、終身雇用を前提とした採用をすることは極めて難しい時代です。

つまり、終身雇用は守ることができなくなるということです。

日本型経営の根幹をなすものとして、終身雇用は日本の高度経済成長期からバブル時代まで年功賃金と共に称賛されてきました。

そのため、長期雇用を前提とした社員教育や、若手には多数の部署を経験させるなど、特定の業務の専門性よりも社内の総合企画・統率力を鍛えていました。

終身雇用は会社の命があってこそのもの

「若い時は、多くの残業が期待され、労働投入に見合う賃金は支払われない。会社からみると、従業員が若いうちは、生産性以下の賃金で働いてくれるという医制度でもある。」

「入社以来の年数に応じて、昇進や賃金上昇を繰り返し、おおよそ45歳前後から労働投入価値を上回る給与が支払われようになる。」

「会社を定年退職するときには多くの退職金を支払われる。」

これが、終身雇用です。

会社にしがみついていれば、それなりのお金を手にすることができました。

従業員からしたら、いわゆる”後払い制度”のようなものです。

しかし、バブルが崩壊すると、破綻することが考えられなかった大銀行や大証券会社、大企業が破綻しました。

つまり、従業員からすると終身雇用であっても会社が破綻すれば、生涯所得に大きな損出が発生します。

会社の命が従業員の命よりも短ければ、終身雇用は意味を持たないのです。

一人ひとりが会社になること

終身雇用が難しくなっていく時代であるため、会社だけに依存してしてしまうことは危険なことだと僕は考えています。

だからこそ、自分の武器や専門性をつくることが、これからの時代には不可欠です。

武器や専門性は、プログラミングなどの技術でなくてもいいと思っています。

「誰よりもコツコツと継続することができる」

「常にポジティブな思考で、周りの人を勇気づける」

これらも立派な武器です。

一人ひとりが会社のように、自分の良さを生かしていく。

これからはそんな時代の幕開けです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。