• Your Root Study
  • Your Rootから有益な情報を発信しています!

親は子の1番のサポーターであれ。「親の壁」にはなるな!

親はどうしても、自分の子供には「幸せになってほしい」「失敗しないでほしい」と思うものです。

しかし、その「優しさ」がかえって子供の夢や挑戦をブロックしている壁になっている場合があります。

現在の親御さん世代でいうと、真面目に勉強し、良い大学に入り、大手企業に就職するのが「幸せになる手段」として正解とされていました。

その経験や価値観から、子供にも自分の希望や価値観を押しつけてしまう方がたくさんいます。

しかし、それは時代の変化がないという前提の話であり、今は時代の変化がとても激しい時代です。

親と子が生きる世界や時代が違うからこそ、価値観や考え方が違うのは当たり前のことです。

息子や娘が、YouTuberや芸能人になりたい!というと「夢ばかり見るな。」「笑わせないでくれ」と言ってしまう方も多いのではないでしょうか。

親にとって1番の仕事は、子供の人格と考えを尊重して、憧れや夢を叶えるためのサポーターになることです。

自分の価値観や考えを子供に押しつける「親の壁」には絶対になってはいけません。

親は子供の人生においての責任を一生負えるわけではないのです。

「あなたのためを思って」という言葉を使って、子供の価値観や考えを否定し、ブロックする。こんな無責任なことはないでしょう。

それは自分の世間体を気にしていたりと、自分本位で考えている場合がほとんどです。

つまり、「あなたのため」ではなく「わたしのため」であります。

子供や家族であっても、親の所有物ではなく、ひとりの他者として尊重すべきです。

子供という、最愛の他者の考えを尊重し、サポートしてあげることが親の最大の仕事です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。