決められるものは、いま決めよう!

時間は有限であり、1番大切なものである

人は時間だけが唯一、平等に与えられたものです。

与えられた時間は有限です。いつかは必ず、終わります。

僕たち、人間は「時間が1番大切なリソース」です。

リーダーはメンバーの時間を預かる身であることを自覚しましょう。

リーダーであっても、メンバーの大切な時間は決して奪ってはいけません。

会社のメンバーである前に、ひとりの”人”として最大の敬意をもって接しましょう。

第二弾 決められるものは、いま決めよう!

会議や打ち合わせも、決められるものは【いま決める姿勢】が大事です。

リーダーがある程度の方向性を決めないと、決定事項も永遠に決まらないでしょう。

”いま”、決断や行動することでチーム、メンバーの生産性があがります。

結論を出せない案件があっても、「こういう条件が整えばやろう、整わなければやらない。データを集めて検証してみてくれ」という風に指示を出しましょう。

「判断材料が足りないな。もうちょっとデータを揃えて、次の会議にあらためて話し合おう」これでは、またムダな会議を1つ増やしてしまいます。

こんなケースもあるでしょう。

例えば、メンバーに会議の課題をつくるように指示したとします。


しばらくして、「できました。」と持ってきた時、

「あとで見るから、そこに置いといて」これはNGです。


これだとメンバーはリーダーのチェックを待つというムダな時間を過ごしてしまいます。

それではなく、その場で見て「ありがとう。これでいこう。参加者に配ってくれ」この一言で、

メンバーはすぐに仕事を進めることができます。

リーダーはどれだけ忙しくても、
自分の仕事で手いっぱいになってはいけません。

日頃から【いま決める姿勢】を大切にすれば、ここぞという場面で自然と良い決断が”いま”できるようになるでしょう(^^)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。